環境保護

もし世界からミツバチが消えたら

こんにちは🌜
植物療法士のさとみ(@stm_nd)です(*ˊᵕˋ*)

 

世界の作物の3分の1の受粉をしているミツバチは、いま絶滅の危機に瀕しています。
その原因といわれるのがネオニコチノイド系農薬
しかもこの農薬、世界でもっとも製造しているのが、わたしたち日本の企業なのです。

 

世界中で規制が進む中、世界の流れに逆行してネオニコの規制緩和をしている日本。
その大元となっているのが、住友化学です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

野田さとみ☽ ⋆(植物美容家)さん(@s_t_m.1)がシェアした投稿

野菜に使われるネオニコチノイド系農薬の残留基準値を日本とEUとで比較してみると

  •  キュウリ・・・EU基準値の100倍
  •  茶葉・・・71倍
  •  トマト・・・60倍
  •  ピーマン・・・60倍
  •  ブロッコリー・・・50倍※クロチアニジンの残留農薬基準。単位:ppm(100万分の1)

となっています。
日本がいかにヨーロッパ諸国に比較して遅れをとっているかわかりますよね🙇‍♂️グリーンピースジャパンによると、蜂が世界から消えると多くの作物が実らなくなるといいます。

 

蜂だけに限らず、ネオニコチノイド系農薬は虫たちの神経に作用して、帰巣本能を奪って死に至らしめる恐ろしい農薬です。
奇跡のリンゴで有名な木村秋則さんによると、農薬や肥料を使わなくなれば、土の中の微生物のバランスが保たれ、自然界の循環で美味しい作物を実らせることができるといいます。

 

わたしも自然栽培の農家さんで働いていた時期がありますが、確かに害虫といわれるものは見たことがなくて、(そこの農家さんは20年ほど無農薬・無肥料栽培をしておられるところでした)自然栽培のお野菜は味もえぐみがなく、生でかじれちゃうほどおいしいのです。

 

そうして自然の流れに反した結果が、農薬や肥料を生み出し、環境問題や健康被害に繋がって、結果として自分たちに返ってくる形になっています。

 

オーガニックや自然栽培の農産物を買うことは、ミツバチたちを守り、わたしたちの食を守ることに繋がります🐝✨
わたしが講座の中でオーガニックの精油や植物油を使用するのも、こうした自然の循環を大切にしたい、という想いからです🥰

 

最近ではオーガニックへの認知も伸びてきていて、オーガニックコスメ市場も年々右肩上がりに成長しています。

健康を守ることは地球を守ること🌍✨
できることから始めていきたいですね💗

 

スクールの先行案内、イベント情報を配信