想い・マインド

不完全さを愛する

こんにちは🌜
植物療法士のさとみ(stm_nd)です(*ˊᵕˋ*)

 

昨日はヴィーガンコスメ入門講座の第3回目の開講でした♪

ヴィーガンやベジタリアンでもないけど・・・

とご参加くださる方が増えているのは、とってもうれしいです🧚‍♂️🌷💛
だってこの講座は、そういう方にこそ受けてほしいと思って作ったものだったから。

みんな生きている環境や置かれている背景、背負っているもの、抱えている想いは様々です。

自分ができるから相手もそれを同じようにできるか、というのはまた別問題で、
誰しも心の中には、触れられたくない部分や弱い部分があります。

ダメだとわかっているけどどうしてもやめられない習慣があって、自己嫌悪に陥ってしまうことであったり、
中には深い傷を負っていて、時間をかけて癒していく必要のある方も多くいらっしゃいます。

同じ物事に対しても、すぐに取りかかれる人もいれば時間をかけてじっくり取り組むタイプの方もいらっしゃいます。
まさに得意不得意は、人の数だけ存在します。

 

アロマやハーブなど様々な植物療法がある中で、わたしが初めに学んだのがバッチ博士のフラワーレメディでした。
それは、人の心を癒すことこそ、世界の平和に繋がると思ったからです。

フラワーエッセンスの癒しの過程は、玉ねぎの皮むきによく例えられます。
玉ねぎの一番中心にある、本当に癒されなければならない部分。
いきなりこの中心に触れてしまうのは、人によっては大きなショックや苦痛を伴ったり、下手をすればさらに心の傷をえぐってしまうことにもなりかねません。

それほどに心の問題というのはとてもデリケートだし、
身体の傷のように目には見えなくても、人から受けた言葉の棘や態度というのは深く刺さって、その後のその人の決断や習慣、行動、人生にまで影響を与えてしまうのです。

 

ヴィーガンコスメの講座では、動物由来のものを使用せず、なるだけオーガニックのものを使用し、環境中でも生分解できる天然成分のみを使用してワークショップを行います🌸

なぜヴィーガンというコンセプトにしたかというと、
それはわたしにとって考えうる中で最も優しい生き方で、サスティナブルなものであるからです。
ですが同時に、完璧だとは1ミリも思っていませんし、そうでない方を責めるために生み出したものでもありません。

 

誰かや何かの不完全さを攻撃するのは、果たして平和を産む生き方なのでしょうか。

世界中で戦争がなくならないのは、
している側のどちらもが、自分を正義だと思っているからです。

自分の中に軸を持つのはとても大切なことではありますが、強い正義感で人を裁いて対立構造を生み出してしまえば、きっとそこから先、互いにわかりあうことはできません。

 

相手を敵だとみなすのでなく、自分から相手に寄り添う形で伝えていくことが、わたしにとっての平和活動です(*^-^*)
そういう思いから作ったのが、この講座でした。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

野田さとみ(植物療法士)(@s_t_m.1)がシェアした投稿

動物や環境を想うのと同時に、それを伝える側も、
人の心に対しても優しさや想像力をもって言葉を選び、人に接していかなければと思います。

 

身体の健康と同じように、心にもしなやかさとやわらかさをもって生きていきたいですね😊

スクールの先行案内、イベント情報を配信