ニュース

ビヨンドミートがペプシコと提携、植物性スナック・飲料へも展開

こんにちは☺️
(株)ラヴィステラCEO、植物療法士のさとみ(@stm_nd)です☺️

アメリカの代替肉のフードテック企業、Beyoud Meat(ビヨンドミート)社が、食品大手のペプシコと合同会社を設立したことを公式に発表しました👏
この発表により、同日ビヨンドミート社の株価は31%も高騰しました。

We are thrilled to formally join force with PepsiCo in the PLANeT Partnership, a joint venture that unite the tremendous depth and breadth of there distribution and marketing capabilities with our leading innovation in plant-based protein.
We look forward to together unlocking new categories and product lines that will inspire positive choices for both people and planet.

(私たちは、植物ベースのタンパク質の革新をリードすることで、流通およびマーケティング機能の途方もない深さと幅を統合する合弁事業PLANeT Partnershipでペプシコと正式に協力することに興奮しています。
私たちは、人々と地球の両方にとって前向きな選択を刺激する新しいカテゴリーと製品ラインを共に市場に解き放つことを楽しみにしています。)

– Ethan Brown(Beyond Meat Founder&CEO)

 

フードテックベンチャー、ビヨンドミートの創業から成功までの歩み

2009年

同社は2009年にイーサンブラウンによって設立されました。
ブラウンは当初、ミズーリ大学の2人の教授、Fu-hungHsiehとHaroldHuffに連絡を取りました。彼らはすでに何年もの間、肉のないタンパク質を精製してきました。

ビヨンドミートの最初の製品である「チキンフリーストリップ」は、2012年にごく一部の限られた場所でリリースされました。

2013年

同社は、2013年4月に全米のホールフーズスーパーマーケットで植物ベースの鶏肉製品の販売を開始しました。
2014年には、擬似牛肉製品を開発しました。

PETA(動物の倫理的扱いのための団体)は、2013年の年間最優秀企業としてビヨンドミートを指名しました。
2014年、ビヨンドミートはその存在感を全米で1,500店舗から6,000店舗に拡大しました。

2018年

6月、ビヨンドミートはミズーリ州コロンビアに2番目の生産施設を開設し、その結果、同社の製造スペースは3倍に増加しました。
同社は、米国で27,000の異なる販売拠点を持っていると主張し、英国のTesco、Tim Hortons 、カナダのA&Wと提携して、50の国際市場に製品を展開していました。

同じ月、彼らはカリフォルニア州エルセグンドに26,000平方フィートのR&Dラボを開設し、100人近くの従業員を収容しました。

2019年

3月、以前のビジネスパートナーでありサプライヤーであるドン・リー・ファームズによってビヨンドミートに対して民事訴訟が提起されました。
ドン・リー・ファームズは契約違反を主張し、さらにビヨンド・ミートの施設で生産された原材料の食品安全プロトコルについて「重大な懸念」を表明し、その後さらに処理するためにドン・リー・ファームズに渡されたと主張しました。

7月、ダンキンドーナツはマンハッタンでミートレスソーセージ製品を使用した朝食サンドイッチの販売を開始すると発表し、2019年11月6日から全国販売を開始しました。

2020年

ビヨンドミートは消費者に直接製品を販売するためのeコマースサイトを立ち上げました。

11月Beyond Meatは、予想される40%の増加と比較して、売上高は前年比2%の増加にとどまったと発表しました。この悪い結果に陥った理由は、新型コロナウイルスのパンデミックが外食産業の売上を減少させた影響によるとしています。

一方で、同月、ビヨンドミートはマクドナルドとのコラボレーションを発表し、植物ベースのパティとチキンの代替品であるマクドナルドオプションを開発しました。
さらに、中国で豚挽肉のプラントベースバージョンの発売を発表しました。

マクドナルドの100%植物由来「McPlant」2021年に全世界で発売McDonald’s(マクドナルド)は「McPlant」という植物性プラットフォームを開発中で、2021年前半に世界中の市場に提供する予定だそうです。...

2021年

1月、タコベルはビヨンドミートとのコラボレーションを発表しました。最初はテストとして、次に新しい植物ベースのプロテインフードの恒久的なオプションとして導入しました。

また同月、ビヨンドミートはペプシコとの新しいパートナーシップ(PLANeTパートナーシップと呼ばれる)を発表し、植物ベースのタンパク質から作られたスナックや飲料の事業を展開することを公式にアナウンスしました。

提携には賛否両論?個人的には・・

ビヨンドミートのインスタグラムの公式アナウンスにはアンエシカルなペプシコとの提携に難色を示すコメントも多く散見されましたが、
私としては、積極的に大手と組んでマーケティング力やブランディング力を高めて、ゆくゆくは本物の肉を駆逐し、地球上から屠殺場をなくしてほしいなと思っています。

今後資本力をもった大手も続々と代替肉市場に参入しプラントベース業界は戦国時代に突入していきそうですが、こうして世間に代替肉がフィーチャーされるようになる前からベンチャーとして「地球をよりよくしよう」と尽力してきたビヨンドミート社とその創業者でありCEOのイーサン・ブラウン氏には私自身思い入れがあります。

今後も世界を牽引するフードテック企業として邁進してほしいなと思います。
いつか日本のスーパーでも手軽に買えるようになるといいですね☺️

スクールの先行案内、イベント情報を配信